circle gallery & books

OPEN 12:00 – 19:00
CLOSE tue, wed, thu
tel/fax. 042 505 8019
mail. shop@circle-d.me

facebook
Twitter
-
Produced by circle-d

小澤真弓「読み描き」レポート

DSC_o35.jpg

昨日10月4日は、小澤真弓「読み描き」イベント、ねじまき雲の出張珈琲でした。
小澤さんの今展示で描かれた作品は、黒いパステルと、ねじまき雲さんの珈琲を使用して描かれています。
珈琲による透明感と、不意に現れるにじみ、濃くふちどられた輪郭線が、シンプルだけれど優しい存在感を生み出します。まるで美味しい珈琲のように味のある作品。

DSC_0021.jpg

さぞかし珈琲がお好きなのかと思ったら、小澤さん、実は珈琲は苦手だそう。意外です。
それならなぜ珈琲を画材に選ばれたのでしょう?

もともといろいろな画材を試すのがお好きだそうで、珈琲は完成が予想しきれないところが、描いていて楽しいのだそう。きっかけはマグカップの後にまわった珈琲の丸い跡で、にじみ方とフチが面白いなと思って画材として使いはじめたそうです。

DSC_o60.jpg

インスタント珈琲からはじまって、質のいい珈琲の方が色がよかったり、量でにじみが変わったり、紙の種類を変えてみたりと、いろいろと試して、現在の表現になったそうです。
豆のグラム数も決まっているそうですよ。

DSC_0065.jpg

今展示では、小澤さんが今まで読んできた「本」がテーマとなっています。
「やってみなはれ みとくんなはれ」「文房具56話」「猫語の教科書」「虫眼とアニ眼」などなど。
読まれる本は随筆が多く、小説などはあまり読まないとのこと。
どれもおもしろうそうですし、なんとなく、小澤さんの作風のようにストイックな面を感じます。

本と、珈琲と、絵。まったく異なるものですが、小澤真弓さんを軸に、三者がうまいこと混ざり合い、作品ができあがっています。

小澤真弓「読み描き」はのこすところ4日間。10月12日(月)までです。
http://circle-d.me/gallery/blog/2015/09/next_exhibition_2.html


最後に、昨日のイベント、ねじまき雲の出張珈琲の写真をすこし。

DSC_n7.jpg

ねじまき雲の長沼さん。
珈琲に向かわれる姿勢も、お人柄も本当に素敵です。

DSC_n4.jpg

本展示のテーマからイメージしてつくっていただいた「読み描きブレンド」。
イメージの元となった本は「熊を殺すと雨が降る」。
すこし苦めで深みのある珈琲。とても美味しかったです。ねじさんの珈琲は本当に美味しい。

DSC_t2.jpg

Samosa wala Timokeに珈琲に合うサモサと焼き菓子もご用意いただきました。
Timokeさんの三角サモサが、この日は甘い半月型サモサに。
バナナとカカオニブのサモサと、かぼちゃと小豆のサモサ。どちらも絶品!
バルフィーボールという、インドのお菓子「バルフィー」の味をイメージしたヌガーのようなお菓子も、小さな見た目と裏腹にぎっしりしていて、とてもおいしかったです。

DSC_n13.jpg

DSC_n9.jpg

DSC_n18.jpg

秋晴れの日曜日。
近所の方や通りがかりの方。知り合いやお友達。大人に子ども。
いろいろな方がいらしてくださいました。
ゆったりとした時間が流れていて、なんだかcircleらしい、とてもよい雰囲気のイベントでした。
お越し下さったみなさま、ねじまき雲さん、Tiomokeさん、小澤さん、ありがとうございました。